水漏れ対策

笑顔の女子

新築の建物は、汚れても掃除をすればすぐに綺麗になるのは分かるだろう。しかし、掃除の分野ではすまない汚れもある。それは、水漏れによる腐食の後だ。この腐食の後を消す事は、中々難しいといえる。では、このような事象にならないためには、水回りでどんな事を行う必要があるだろうか。また、何かよい解決策はあるだろうか。この分野で助けになってくれるのが、水回りのコーティングである。この水周りのコーティングは、新築の時に行うのが一番望ましいといえる。何故なら周りの木材や塗装も新しいため、コーティング剤が付着しやすいからだ。この水回りコーティングを行えば水の進入も水の洩れもシャットアウトできるので、すぐれものといえる。現在では大半のシステムキッチンにも導入されている装備である。

前述の中でも取り上げたように、この水回りコーティングは新築の家には望ましいといえるが、古い民家でもやり方次第で行う事ができる工事といえる。ではどのようにおこなっていく事ができるかを見てみる事にしよう。まず、古い民家でも水漏れがあったり腐食が観察されるなら、その部分を新しくして材料を取替えて、コーティングに備える事ができる。また、別の箇所の水回りにも目を向けて、腐食具合が進んでいるか、また進んでいるならどこまで材料を交換したらよいかということを判断する必要もある。何故なら腐食は浸食し広がっていくものなので、その対策をしていく必要があるからだ。このようにして、水回りコーティングを一通り行えば、キッチンや浴室などの水を使う場所での腐食を一掃することができるだろう。